制汗剤 選び方

制汗効果の高いものは?

「手汗を抑えるために制汗剤を使いたいけど、
制汗効果が高いものがどれかわからない・・・。」

 

こんな悩みをもっていませんか?

 

制汗剤といっても使う部位によってずいぶんと違いがあり、
手汗の制汗のために脇汗用の制汗剤を使っても
イマイチ効果を見込めない結果になってしまいます。

 

それどころか肌荒れの原因になる可能性も・・・。

 

また、手汗の場合だと解消したいのは、
臭いというよりベタつきでしょう。

 

ベタベタした手を他人に知られたくないと
制汗剤でケアするためには成分的に強力なものがいいです。

 

手のひらは比較的、皮膚が分厚いので
強い成分でも肌荒れしにくいですから。

 

おススメは「塩化アルミニウム」が配合された制汗剤を選ぶことです。

 

ドラッグストアや通販などでは、顔・手・足・脇などと
部位に応じたタイプの制汗剤が販売されていますが、
手汗用のものには大半が「塩化アルミニウム」が使われています。

 

きちんと説明書きを読んだり、
薬剤師さんに相談すれば間違いはないでしょう。

 

注意点としては、手汗用の制汗剤を脇や首など、
ほかの部位に使うことがないようにした方がいいということです。

 

「塩化アルミニウム」によって肌荒れを誘発する可能性もありますから。

 

とはいえ、上手に使いこなせば制汗効果も高いので、
毎日サラサラの手で過ごせるようになりますよ。

制汗剤が逆効果になることもある?

「汗をひかせるために制汗剤を使ったのに逆効果になってしまった・・・」

 

汗をひかせて臭いをシャットアウトしたかったのに、
制汗剤のせいで非常に臭く悲惨な思いをしてしまった人は多いでしょう。

 

どんなにいいものであっても
使い方を間違えてしまうと周囲に嫌がられるくらい臭いことに・・・。

 

そうなると汗どころではありませんね。

 

間違えた使い方で体臭がきつくならないように気をつけてくださいね。

 

「でも、どうやって使えばいいのかわからない・・・。」

 

そんな人のために制汗剤の上手な使い方のコツをまとめました。

 

 

1.汗をかいていたらきちんと拭いてから使う

 

汗自体が臭いを発生させるのではなく、
汗のせいで雑菌が繁殖しやすい状況をつくります。

 

結果として臭いがきつくなるわけで、
汗をタオルできちんと拭き取ってから制汗剤を使いましょう。

 

 

2.汗をかく前に使う

 

これは制汗剤の性質は有効成分が毛細血管を収縮させて汗をでにくくするので、
汗をかく前に使うことで少なくとも使った部位では汗がでないようになります。

 

 

3.何度も使い過ぎない

 

重ねて使う過ぎないことで殺菌しすぎてしまい、
より強力で臭う菌の繁殖を手助けしてしまう結果もあります。

 

何事もほどほどにが大事だということですね。

 

 

制汗剤は使い方さえ間違えなければ、
汗や臭いのケアに大変有効なものです。

 

手汗対策として、ファリネの効果も大いに期待できます。

 

上手に活用して清潔感を保っていきましょう!